喪女あるある!行き遅れ婚になりがちな5つのタイプ

行き遅れになりやすい喪女は大きく分けると5つの属性に分かれます。

ただし、複数のパターンが併発して複雑に組み合わさっている事も多いので、婚活を始める際には注意が必要です。

ゲームに例えると、行き遅れる喪女は複数の属性の弱点があるイメージです。

火属性の攻撃吸収のドラゴンは、水属性が大弱点である事が多いですが、風属性も弱点だったりする訳です。

婚活の世界は狩場です。

自分の属性を把握せずに、狩場と狩る対象を間違えると瞬殺されます。

自分の属性を把握し、相性のいい相手と狩場を把握する事から始めるのが喪女が結婚するまでの近道です。

ヲタク系喪女

行き遅れ喪女の多くが所有する属性ですが、婚活の支障となる程の弱点ではありません。

結婚に成功したヲタ喪は、己の属性を隠しきって結婚するパターンと、敢えて同じ属性の喪男を選んでストレスフリーの結婚に成功するパターンに分かれます。

ジャニヲタ

ヲタ喪の中でも軽度の部類。

なぜなら3次元に興味を持っているから。

イケメン願望を捨てて内面を見るように己のマインドをシフト出来れば、幸せな結婚生活を送れる可能性はかなり高いです。

特撮ヲタ

ジャニヲタと並んで結婚しやすい部類の喪女。

旦那を自分だけのヒーローとして認識出来れば、結婚生活は安泰です。

あなたのウルトラマンは3分と言わず、寿命が尽きるまで家族の為に戦ってくれる真のヒーローです。

アニヲタ

ヲタ喪の中でも特に人口が多いのがアニヲタ喪女。

二次元中心の生活を送っているので、三次元男子の悪い部分ばかり見えてしまうのが難点です。

このタイプは、自分の性癖を早々にカミングアウトして、完全に趣味が合うヲタ喪男子をゲットする事が結婚への近道です。

趣味がマッチすると、結婚まで一気に到達する事も多いタイプの喪女であると言えます。

夢女子

アニヲタ喪女の極地。

妄想と現実の世界の狭間を行き来している喪女です。

完全に二次元にハマっているので、結婚に到達するには視野を広げる必要があります。

「最愛しか興味が無い」とか言っているうちはまだカワイイですが、同担拒否の感情まで芽生えてくると、もはやリアルの男子に目が行かなってくる一歩手前です。

通常のアニヲタと同様に、自分と少しでも趣味が合うヲタ喪と話してみる事を推奨します。

ネトゲ廃人

スマホゲーに課金しまくっているタイプと、PCにかじりついているMMO中毒のタイプの喪女に大別されます。

婚活中の男子との出会いはガチャに通じるものは多少あるのですが、結婚は運だけでは出来ないので、現実を見据えた婚活が必要です。

お笑い系喪女

卑屈になり過ぎて自我が崩壊する事を防ぐ為に、周囲の笑いを取る事でアイデンティティを防衛するのがこのタイプの喪女。

極限まで極めた姿が、テレビでよくみる女性芸人達です。

女として必要とされず、それでも誰かに必要とされたいと必死に笑いを取り続けるうちに、いつしか笑いを取る事に快感を覚えてしまい、プロにまでなった姿は立派なものだと思います。

このタイプの喪女は、実は結婚に到達するまでにそこまで深刻な障害はありません。

何かのきっかけで自分に自信を持つさえ出来れば、結婚までトントン拍子に行く事が多いのです。

「卑屈」というのは悪い言い方ですが、良く言うならば「謙虚」という事です。

地道に婚活を続けていれば、謙虚な喪女を拾ってくれる男子は必ず現れますので、あきらめないようにしましょう。

行動力の無さが築きあげた黒歴史

毎年クリスマスにぼっちなのは序の口。

卑屈になりがちな喪女はイベントの無い日も干物女になりがちです。

「だって自分は・・・」が口癖の喪女は要注意。

自分への言い訳癖がつくと、自らの行動力を制限してしまいます。

おっさん女子

卑屈さを笑いに変える事が出来るのが特徴。

普通の女子ならドン引きするような下ネタにも食らいついていけます。

話しやすいので男子からのウケがいい女子も多いですが、恋愛対象として見られない事もしばしばあります。

結婚出来ない女で群れる

女子同士で傷を舐め合うコミュニティが完成していると結婚の大きな障害になります。

芸人レベルの面白喪女は、コミュニティの中心にいる事の居心地の良さに酔ってしまい、中々抜け出せなくなる事が多いです。

また、毒女だけで群れていると、悪い意味で村社会になっていきます。

村社会が完成してしまうと、暗黙の厳しい掟が制定されます。

男子と二人で会うだけで村八分になる事を恐れて、いずれ誰も毒女村から脱出出来なくなっていきます。

5chやがるちゃんで不幸自慢

自分の不幸を話せる相手がリアルにいない時は、ネットで不幸自慢をするのも特徴。

「生理いらない」、「早く閉経したい」等の女である事を捨てた発言を皮切りに、寂しさと見栄の複雑に入り混じった感情から偽装結婚を目指す発言が飛び出した事もありました。

そんなウィットに飛んだ喪女語録は男子のファンも多いですが、リアルで日常的に不幸自慢をすると愚痴に聞こえて嫌われます。

婚活を始めたら、不幸自慢はネットの中だけにしましょう。

勘違い系喪女

前向きな方向に勘違いしてしまっているタイプの喪女。

空気を読めないので、男性からも嫌われがちです。

意見してくれる友達がないと、嫌われている事にすら気づいていない事も多々あります。

自らのアイデンティティーを保つ為に、他人を見下す傾向が非常に強く、行き過ぎると婚期を逃すだけでなく、社会から孤立する事もあります。

このタイプの喪女に必要なのは謙虚さです。

男性を立てる気持ちが全く無いと、行き遅れ喪女一直線なので、自分を見つめなおしてから婚活を始めましょう。

すぐ人を好きになる

恋に恋してしまう喪女も多いです。

人を好きになった事すら無い喪女よりもはるかにマシではあるのですが、惚れやすいのも要注意です。

結婚は恋愛と違います。

いろんな男子にあれこれ目移りしてしまうと婚期を逃す事に繋がるので、現実を見据えて相手を選ぶ必要があります。

相手が自分を好きだと思い込む

前向きなのはとてもいい事ですが、恋愛はお互いの気持ちが大切です。

付き合う前から、「自分が好きなんだから、相手も好きなはず!」と思い込むと、ドン引きされるだけでなく、自らがストーカー化していく危険性もあります。

自分がかわいいと思い込んでいる

実際にかわいいのかどうかは、男子の評価が全てです。

女子同士だと、お互い気を使ってホメちぎり合う事はしばしばありますが、男子からの評価がどうだったのか思い返してみましょう。

いつかモテ期が来ると思っている

20代前半までにモテ期が来たことが無い女性は、30代になってモテ期が来ることはまずありません。

28歳くらいまでに一度も告された事さえ無ければ、カースト最下位の可能性すらあります。

男子を顔だけで選ぶ

そもそも結婚で重要なのは顔だけではありません。

もちろん、ブサメンよりもイケメンと結婚するに越した事はないですが、結婚後にイケメンが必ずしも女子を幸せにしてくれるとは限りません。

イケメンは結婚して1人の女性に縛られる事を嫌がり、結婚間近でバックレるケースすらあります。

元モテ女

二十代はガチの喪女しかいませんが、三十路を過ぎて激増するのが元モテ女。

二十代まではモテたけど、三十代を過ぎて突然男子から声がかからなくなった経験はありませんか?

「昔はモテたのに・・」という方は、いわば後天的な喪女です。

このタイプは過去の栄光を忘れられずに、いつまでも二十代の感覚を引きずっているのが原因です。

早い段階で現実的な相手選びにシフトしないと、あっという間に40代になってしまいます。

自分1人でなかなか考え方を変えられない場合は、第三者視点で的確なアドバイスをもらえる結婚相談所を利用する事をおすすめします。

超高望み

元モテ女は総じて自分のスペック以上の男子との結婚を望みます。

向上心がある事は悪い事ではないのですが、絶対に手に入らない相手を求め続けていても結婚は出来ません。

ましてや、婚活市場における女子は年齢と共に需要が下がって行きます。

高望みを続ける程、婚活が上手くいかなくなっていくのは必然です。

謎の上から目線

元モテ女はモテていた20代の頃から、男性を見下す傾向が強いです。

若い時になまじモテた経験をしてしまっている為、男性が自分を立てるのが当然と思っています。

学校のカーストが低くなかった事が心の支え

元モテ女は、学生時代のコミュニティの中で、華のあるポジションを経験した事がある女子が多いです。

高校時代で言うならば、文化祭の指揮者や育祭のチア経験者、大学時代にはテニサーのマネージャーのようなポジションですね。

恵まれた容姿と高いコミュ力を武器に、彼氏がいない時期が無かったという元モテ女も少なくありません。

これらの学生時代に常にチヤホヤされてきた経験が、三十路になってからも傲慢さを捨てられない要因になってしまっているケースは多いです。

また、周囲の喪女を見下してきた経験がある為、いつまでも意地を張って、周囲に対して謙虚になれない傾向が強いです。

中流家庭育ち高学歴

元モテ女は中流以上の家庭で育ち、それなりの教育水準にある場合が多いです。

中流以上の家庭だと、親から結婚相手についての価値観を植えつけられているパターンが多く、「このレベルのスペックの男性と結婚しなきゃいけない」と思い込んでいるケースが多いです。

また、自身の教育水準が高いと、当然男性にもそれ以上のものを求めます。

学歴については、そもそも男性自身も自分よりちょい下のスペックの女子を求める傾向が強いので、教育水準が高い女子はそれだけで敬遠される事が多い事も元モテ女が婚期を逃しがちになる事に拍車を掛けています。

メンヘラ

元モテ女から転落してメンヘラ化していくケースは多いです。

手首を切る等の自傷行為のレベルならまだ救いがありますが、ストーカー行為をした事がある喪女は注意が必要です。

手に入らない相手を傷つける方向にシフトする癖があると、結婚式場に行く前に塀の中に入る事になります。

コンプレックス系喪女(重度)

結婚に1番到達し辛いのがこのタイプ。

極度のコンプレックスで自分に自信が持てないタイプの喪女です。

婚活を始めて結婚に到達するまでに降りかかるストレスに耐えられなくなり、心を壊してしまう事もしばしばです。

自分ごときが結婚する資格があるのか?

自分ごときが本当に結婚相手を見つけられるのか?

まずは己の立ち位置を知って、コンプレックスを潰す、またはコンプレックスを武器にした戦略を立てる必要があります。

身体的特徴

女としての自分を認められないレベルのコンプレックスを持っています。

デブス

単にデブなだけでなく、ブスが重なっているパターン。

ブスは整形しないと変えられませんが、デブは努力で変えられるとかよく言われますが、そんなに簡単に痩せられるなら世の中にデブはいません。

もはや痩せる事は諦めて発想を転換し、デブ専の男子をターゲットに婚活する事も視野に入れましょう。


薄毛

重度の喪女はなぜか薄毛が多いですが、これは辛い日常の中で恒常的に受けているストレスからくるものだと思います。

女性用の育毛剤を探す前に、ストレスの原因を取り除く事が必要です。

ムダ毛

結婚どころか既に彼氏を作ることすら諦めた喪女は、ムダ毛処理もしません。

今まで見せる機会が無かった事を考えれば当然と言えますが、婚活を始めるタイミングで最低限のムダ毛処理は必要です。

性格

重度の喪女は、卑屈を通り越して、自分はこの世に存在してはいけないと思い込んでいるレベルです。

コミュ症

人と会話するのが嫌いを通り越して、苦痛でしか無いレベル。

会話に留まらず、LINEやメールすら億劫なのは完全にコミュ障です。

発達障害

幼少期から異様に勉強や運動が出来ず、トロい女としてバカにされ続け、発達障害の可能性がある喪女もいます。

しかし、自覚症状があるなら救いがあります。

重度の発達障害は自覚症状すら無いので、結婚どころか1人で生きていく事すら困難です。

自信喪失と孤立が組み合わさって鬱病を発症する喪女もいます。

鬱も段階がありますので、鬱病だから結婚出来ない訳ではないのですが、重度の鬱だと婚活の大きな障害になる事は確かです。

自覚があるならまずは病院に行きましょう。

男性恐怖症

中高大と女子校育ちで女兄弟だと、社会人になってからも男性が苦手な女性は多いです。

これもレベルがありますが、極端な男性嫌いになってしまうと婚活どころでは無くなってしまいます。

男性とのコミュニケーションに慣れる事から始めていく必要があります。

環境

重度のコンプレックスを持つ喪女は、取り巻く環境から問題があります。

汚部屋

部屋は心の鏡です。

部屋が極端に汚い事を自虐的に誇る喪女もいますが、汚部屋は婚活の障害になります。

婚活を進めていくと、結婚後の生活をイメージする機会も多いですが、「掃除が出来ない自分を認めてくれる男性はいるのか?」と不安になり、自分に自信が持てなくなっていきます。

毒親育ちの一人っ子

子供を否定してくる毒親の元で育つと、極端に自分に自信が持てなくなります。

幼少期から否定され続けていれば、親に洗脳されて自己否定する癖が付いてしまい、1人での婚活が困難になります。

特に一人っ子で兄弟がいない毒親育ちは、親の顔色だけを伺うロボットのようになってしまっているケースも多いので、親身に相談に乗ってくれる結婚相談所を選択する必要があります。

いじめのターゲット

いじめは加害者が全部悪いのですが、いじめのターゲットになった経験を持つ喪女が自分に自信が持てなくなるのも事実です。

いじめられた過去をバネに、自分磨きを頑張って幸せな結婚生活を手に入れた喪女も世の中にはたくさんいますが、容易ではない事も確かです。

ヒキニート

外に出ても全く良いことが無ければ、俗世に嫌気がさしてヒキニートになってしまう事も仕方がない事かもしれません。

しかし、ずっと引きこもっていても何もしなければ出会いは始まりません。

ヒキニートの自覚がある人は、ネット婚活で今の自分に興味を持ってくれる男性を事を見つけて、外に出るきっかけにする事から始める事をオススメします。

まとめ

行き遅れになりがちな喪女には5つのパターンがある事を紹介しましたが、「このパターンだから絶対に結婚出来ない」という事はありません。

勿論、短所を治す事に越した事はありませんが、今のままのアナタを好きになってくれる男性は必ずいます。

まずは、今の自分のスペックでどんな男性と結婚出来るのかを把握して、それから婚活の作戦を立てていくのが行き遅れ喪女にならない為の近道です。