三十路喪女に向いている婚活パーティー

「パーティー」と聞くと多数の男女が入り混じる立食形式を想像する方もいると思いますが、それは大きな間違いです。

婚活パーティーは基本的に1対1の着席型で、制限時間を区切って複数の男子と話せるように組まれています。

進行はプロの司会が仕切りますし、コミュ症の喪女でもぼっちになる事はないので、安心して積極的に参加しましょう。

おすすめの婚活パーティー

喪女向けの婚活パーティーは、自分の属性に合ったパーティーに絞って参加するのが基本です。

日本一有名な婚活パーティー運営会社【エクシオジャパン】

婚活パーティーの代名詞とも言えるのがエクシオ。

主催するパーティーの開催頻度は非常に高く、年間で計50万人以上が参加しています。

40%以上という非常に高いカップリング率の秘密は、他の運営には無いバラエティ豊かな企画力にあります。

女性の年齢を敢えて完全に非公開にした内面重視のパーティーを開催する等、三十路喪女にはありがたいパーティーが多数開催されています。

ヲタ向けの属性の婚活パーティーが充実

ヲタ喪女が選ぶなら、マンガ好き・アニメ好き・ゲーム好き限定の婚活パーティーが基本。

相手もヲタなので話題に困る事が無いです。

コンプレックス系の婚活パーティーも充実

ぽっちゃり限定や障害者に理解の婚活パーティーも開催されています。

デブ専男子や、鬱に理解のある男子が集まります。

自衛隊駐屯地のコラボパーティーも

他の婚活パーティーにあまり無いのが、自衛隊駐屯地でのパーティー。

体育会系のイケメンが軍服姿で集います。

喪女が婚活パーティーを選ぶコツ

気の向くままに参加していると失敗します。

以下の点は守って参加しましょう。

自分の趣味限定のパーティーのみ参加する

ヲタ系喪女なら自分の生息地以外のパーティーに参加してはいけません。

婚活パーティーは第一印象でほぼ全てが決まります。

「もしかしたら」を期待して、男子は医師・弁護士・会計士限定のパーティーに参加するとリア充に撃沈されます。

自分の年齢が下限のパーティーを選ぶ

婚活パーティーの募集は「30歳から35歳まで」のように年齢制限が掲げられています。

婚活男子は女子の年齢を超気にするので、下限ギリギリのパーティーに参加した方が成功率は格段に高まります。

30歳から35歳のパーティーの場合だと、30歳の喪女が35歳の美人に勝利するケースすらあります。

そこに35歳の喪女が紛れ込んだら、どのような悲劇が生まれるかは想像に難く無いと思います。

婚活パーティーが向いている喪女

婚活パーティーは最低限のコミュ力があった方が有利です。

元モテ女

「20代はモテたけど30代になったら声がかからなくなった」という元モテ女こそ、婚活パーティーは有利に戦えます。

最低限の男子とのコミュ力が備わっているからです。

ただし、元モテ女にありがちな高望み欲を発揮すると自爆しますので注意しましょう。

男性恐怖症の喪女

男性と2人で会うのが怖い喪女には、婚活パーティーはうってつけです。

話すのは1対1の対面形式でも、会場は多人数対多人数の戦場ですので、いきなり狼に変身する男子は1人もいません。

最近の婚活パーティーでは、男子が帰りに待ち伏せしないように、男女で帰る時間をずらす事もデフォになりつつあります。

婚活パーティーが向いていない喪女

自分の属性に合った婚活パーティーを選べば、向いていない喪女はいないのですが、敢えて言うならば最低限のメンタルすら無い喪女には向いていません。

誰かに負ける屈辱に耐えられない喪女

婚活パーティーは、男女共に1人の人気者に集中する傾向があります。

どういう事かと言いますと、パーティーの最後にカップリングしたい異性を書く紙に番号を書いて提出するのですが、同じ人に人気が集中する事が多いのです。

つまり、1番人気同士だけカップリングという事も起こり得るわけですね。

ヲタ限定の婚活パーティーの場合は、趣味がバラバラなのであまり被らない事が多いのですが、スペックで選ぶ婚活パーティーは得てして1人に人気が集中します。

1回参加して誰からも選ばれないだけで絶望するメンタルだと、婚活パーティーで相手を見つける事は難しいです。

何度も参加していれば、いい相手に巡り会える可能性が高まるだけでなく、メンタルも鍛えられますので、めげずに何度も参加し続ける覚悟を持ちましょう。